yu-gi-oh!terms

モンスターの略語、ゲーム用語等の一部をまとめました

海外の遊戯王の掲示板をご覧になる方のお役に立てたらと思います

誤った内容等ありましたらご報告下さい

参考-http://yugioh.wikia.com/wiki/Category:Gaming_Terms



ブラウザのページ内検索か、下記のアルファベット順の目次をご利用ください 

A
  B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N

O   P   Q   R   S   T   U   V   W   Y   Z



【absoption】


 モンスターカードを装備する効果のこと

【alternate artwork】

 海外版で変更されたイラストのこと

AHL A Hero lives

 《ヒーローアライブ》

【anti-splashable】

 汎用性の低いカードのこと 

【archtype】

 モンスターカテゴリーのこと

【artwork】

 カードイラストのこと

【attach】

 エクシーズ素材となっているカードが存在する場所のこと

【attack efect】

 戦闘時に発動する効果のこと

B

【backrow】

 伏せカードのこと

【banish】

 カードをゲームから除外すること

【beatstick】

 たいした効果を持たない攻撃力に特化したモンスターのこと

【BEWD】 Blue-eyes White Dragon

 《青眼の白龍》

【BKSS】 Because Konami Said So

 無理な裁定に従うときに使う言葉 だってコナミが決めたことだから

【blitzer】

 全体除去カードのこと

【BLS】 Black Luster Soldier - Envoy of the Beginning

 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

【BTH】 Bottomless Trap hole

 《奈落の落とし穴》 

【BoM】 Book of Moon

 《月の書》

【BRD】  Black Rose Dragon

 《ブラック・ローズ・ドラゴン》

【Brio】

 《氷結界の龍 ブリューナク》

【broken】 

 カード効果が非常に強いということ 

C

【card evolutions】

 リメイクされて強化されたカードのこと

【CB】 Crystal Beasts

 宝玉獣

【CcD】 Cardcar D

 《カードカー・D》

【CED】 Compulsory Evacuation Device / Cyber End Dragon / Chaos Emperor Dragon - Envoy of the End

 《強制脱出装置》 / 《サイバー・エンド・ドラゴン》 / 《混沌帝龍 -終焉の使者-》

【chet】

 クールだということ

【Continuous】

 モンスターの永続効果のこと

【cookie cutter】

 ほぼ汎用性の高いカードのみで構築されたデッキのこと

【CotH】 Call of the Haunted

 《リビングデッドの呼び声》

【counterpart】

 初期に見られるような、同じようなイラストでカード名の異なるモンスター達のこと

【cycling】

 損失無しでカードを入れ替えるカードのこと

【CyDra】 Cyber Dragon

 《サイバー・ドラゴン 》

D

【DAD】 Dark Armed Dragon

 《ダーク・アームド・ドラゴン》

【DDV】 Deck Devastation Virus
 
 《魔のデッキ破壊ウイルス》

【dead draw】

 使えないカードを引くこと

【deck fattener】

 カードをデッキに戻すカードのこと

【deck out】

 デッキ切れのこと

【deck thinner】

 デッキからカードを加えるカードのこと

【discard】

 カードを捨てること

【disqualification】

 失格のこと

【ditch】

 手札のカードを墓地に送ること 

【double-edged sword】

 メリットともデメリットとも成りうるカードのこと 

E

【EEV】 Eradicator Epidemic Virus

 《闇のデッキ破壊ウイルス》

【Engine】

  上手くコンボするデッキパーツのこと ドローエンジンのこと

【equip】

 カードを装備すること 

F

【fetch】

 デッキからカードを加えること

【field clearing】

 全て、またはほとんどのカードを破壊すること 

【flip】

 反転召喚のこと リバース効果のこと 伏せカードを使うこと

【floater】

 破壊されても何らかのカードアドバンテージを残していくカードのこと

【folder fodder】

 コレクション用カードのこと

【format】

 環境のこと

【FTK】 First Turn Kill

 先攻1ターン目キルのこと

G

【gain】

 回復すること

【game loss】

 デュエルに多大な影響の出る不正をして失格になること 施設出入り禁止とまではいかない

【gauntlet】

 主にTPが持つ、相手を仮想した練習用のデッキのこと

【GB】 Gladiator Beasts

 剣闘獣

【GEPD】 Galaxy-Eyes Photon Dragon

 《銀河眼の光子竜》  

【giant card】

 景品でもらえる大きいサイズのカードのこと

【GK】  Gravekeepers / Gem-Knights

 墓守 / ジェムナイト 

H

【Haevy】 Heavy Storm

 《大嵐》

【HF】 Hazy Flame

 陽炎獣

【hybrid format】

 OCGカードを投入しながらTCGルールでプレイする形式のこと

I

【ignition】

 モンスターの起動効果のこと

【inflict】

 (ダメージを)与えること 

【infraction】

 違反のこと 公式用語

【IRS】 Inferno Reckless Summon

 《地獄の暴走召喚》 

J

【JD】 Judgment Dragon

 《裁きの龍》


L

【LADD】 Light and Darkness Dragon

 《光と闇の竜》

【limbo】

 モンスターが召喚に成功する前の段階で存在する場所のこと 非公式用語

【LPD】 Lightpulsar Dragon

 《ライトパルサー・ドラゴン》 

【LS】  Lightsworns

 ライトロード 

【lucksack】 

 戦況をくつがえすようなパワーカードを(手札0枚の状態で)引き、勝利すること

 自分の望み通りのデュエルをすること

M

【mass monster removal】

 一度に大量のモンスターを除去できるカードのこと

【mass spell and trap removal】

 一度に大量の魔法罠を除去できるカードのこと

【MC】 marked card

 他のカードと見分ける目的で印を付けたカードのこと

【metagame】

 環境トップのデッキのみが良い成績を収められることを皮肉った言葉

【mill】

 デッキからカードを墓地に送ること

【mimic】

 他のモンスターの攻撃力・守備力をコピーできるモンスターのこと

【modified card artworks】

 宗教上の理由で変更されたイラストのこと

【Monarch】

 帝 

【MPB】 Mecha Phantom Beast

 幻獣機

【MST】  Mystical Space Typhoon

 《サイクロン》  

N

【nab】

 初心者じゃない人のこと

【negate】

 無効にすること

【nelf】

 弱体化すること

【netdeck】

 他人の組んだデッキをコピーしたデッキのこと

【nomi】

 特殊召喚ができないモンスターのこと

【noob】

 初心者のこと

【nuke】

 全て、またはほとんどのカードを破壊すること 

【nut】

 良すぎる手札、神引きをして相手を叩きのめすこと  

O

【official proxy】

 公式が公開してるカード画像のこと

【OTK】 One Turn Kill

 1ターンキルのこと

【overextending】

  魔法罠、モンスターカードゾーンを必要以上に埋める行為のこと

P

【pick up a card】

 カードをめくること

【PoC】 Phantom of Chaos

 《ファントム・オブ・カオス》

【PoA】 Pot of Avarice

 《貪欲な壺》

【PoD】 Pot of Duality

 《強欲で謙虚な壺》

【pop】

 カードを破壊すること

【proxy】

 プロキシ、代用カードのこと

【PSZ】 Plaguespreader Zombie

 《ゾンビキャリア》

【public knowledge】

 両プレイヤーが確認できるデュエルに関する情報(ライフ、墓地デッキ手札の枚数等)のこと

【puttin' in work】

 存在意義が薄いということ

Q

【quick】

 モンスターの誘発即時効果のこと 

【quick-play】

 速攻魔法カードのこと 

R

【replay】

 戦闘の巻き戻しが起きた時に戦闘を続行すること

【resolve】

 チェーンを処理すること

【reveal】

 カードを見せること

【RFG RFP】 Remove From the Game Remove From Playing

 カードをゲームから除外すること

【ROTA】 Reinforcemnt of the Army

 《増援》 

【run】

 デッキにまだ目的のカードが存在すること 

S

【sack】

 戦況をくつがえすようなパワーカードを(手札0枚の状態で)引くこと

【scaling】

 電子計量器を使ってパックの中身(レアカード)を調べること

【scoop】

 サレンダーすること

【scrub】

 酷いプレイヤーのこと

【searcher】

 デッキを見てカードを加えるカードのこと

【semi-nomi】

 蘇生制限を満たせば特殊召喚できる特殊召喚モンスターのこと

【semi-staple】

 準必須カードのこと

【send】

 カードを墓地に送ること (×捨てる)

【signature card】

 アニメ遊戯王のデュエリストが持っている、特定のよく使うカードのこと 精霊が宿っているカード

【SJ】 Solemn Judgment

 《神の宣告》

【SkD】 Skill Drain

 《スキルドレイン》

【Solemn】

 《神の宣告》 

【spin】

 カードをデッキの一番上に戻すこと

【splashable】

 汎用性の高いカードのこと

【SS】  Six Samurai

 六武衆

【s / t】 spell / trap

 魔法罠カード

【staple】

 汎用性が高くほとんどのデッキに投入されている必須カードのこと

【stacking】

 イカサマすること (ドローカード置き換え等) 

【stall】

 遅延カードのこと

【Stratos】

 《E・HERO エアーマン》

【Stun】

 スタンダードデッキのこと

【suicide】

 自分より攻撃力の高いモンスターに攻撃をすること

【SW】  Solemn Warning

 《神の警告》 

【swarn】

 モンスターを大量展開すること

【synch】

 シンクロ召喚すること

T

【target】

 対象を取ること

【tech】

 メタカードのこと しかし環境トップに対するメタカードではない

【TGU】 Tour Guide from the Underworld

 《魔界発現世行きデスガイド》 

【thinning】

 デッキのカードを減らす行為のこと

【tip card】

 主にデュエリストパックに入っている、戦術等が書いてある遊戯王カードでないカードのこと

【top-decking】

 ピンチの時に状況をくつがえすようなカードを引くこと

【trigger】

 モンスターの誘発効果のこと

【trinity】

 《いたずら好きな双子悪魔》 《天使の施し》 《強欲な壺》のこと

【Trooper】  Card Trooper

 《カードガンナー》 

【TKRO】  Thunder King Rai-Oh

 《ライオウ》

【town】

 容赦なく相手を叩きのめすこと 

【toolbox】

 状況に応じたカードを持ってこれるカードのこと

【Trag】  Tragoedia

 《トラゴエディア》 

【tribute fodder】

 リリース要員のこと

【tribute summon】

 アドバンス召喚のこと

【Trish】 Trishula,Dragon of the Ice Barrier

  《氷結界の龍 トリシューラ》

【TT】  Torrential Tribute

 《激流葬》 

【tune】

 シンクロ召喚すること 

【twilight】   

 ライトロードパーツが組み込まれたカオスデッキのこと 



W

【wall】

 壁モンスターのこと

【warning】

 《神の警告》

【WU】 Wind-Up

 ゼンマイ 

X

【xyz】

 エクシーズ召喚のこと